FC2ブログ

我慢しないがいい

今日乗ったタクシーの運転手さんがやたら咳をして苦しそうでした。

気になるので予備に持っていたマスクをあげたほうがいいかとチョッと迷いました。


その後私がくしゃみを2回。
出来る限り遠慮しながらしました。

くしゃみを我慢するのは身体に悪いらしいです。

瞬間的にたくさんのエネルギーをつかうので、何度も我慢をしていると 骨や腰に負担をかけたり、骨が脆い人は肋骨が折れたり、ひびが入ってしまう可能性もあるので、我慢せず自然に出すことが大切だそうです。

その上、身体に菌やウイルスを留めてしまうので風邪や他の病気を発症するきっかけになる可能性があるそうで。

あれ、じゃあ「クシャミ3回ルル3錠」は間違いなのか?

と素朴な疑問を持った私ですが、自分は思いっきりくしゃみをしても、他人の派手なくしゃみは遠慮したいものです。やっぱり。




2018aいまいちやな
もう我慢せえへんよ

.

ありがとうございます

留守電に伝言が2つ。


 


ひとつ目は、財布を拾ったので警察に届けます。

ふたつ目は、何度もすみません。警察に行くとあれこれ時間が掛かるので、ローソンの○○店に届けました。住所は・・で電話番号は・・です。



息子が財布を落としたらしい・・・


おったまげた私は息子に即電話。

…が、でない( ´△`)。

LINEをしても既読にならない(*´Д`*)。


ずいぶん気をもみました。

その後やっと連絡がついて一件落着。



この親切な方(2.30代?男性)の名前も連絡先も不明です。
(電話に相手の番号が出ないのが悔やまれます)


財布には(免許証、名刺、カード、お札)自宅の電話番号が分かるものが入って無いので、わざわざ104で調べてくださったようです。



ほんとうに助かりました。
ありがとうございました。
息子ともどもお礼申します。

なにかでお返しできたらと思います。



ご恩は決して
ご恩は忘れません。


.

いのちのせんたく

♪琵琶湖めぐって北へ出て
 せせらぎ聞こえる山の宿~♪

の通り

湖西道路を走って琵琶湖をめぐった後、
1741琵琶湖


福井まで足を伸ばし若狭の海を眺めてきました。
1749若狭美浜


その後、彼岸花で有名な岐阜の明星輪寺へ。

狭い上に急な坂道。海抜217mの山中に有るお寺は、車で登るのもたいへんでした。


濃尾平野を一望して背に伊吹山、北東に日本アルプス連山を眺め、南は知多半島というロケーション。


 晴天の日は360度を眼下に見られるのに残念ねー と地元の方。

小雨もようで大パノラマが見られなかったのは本当に惜しいです。

彼岸花も一週間後なら満開になったでしょう。
1758明星輪寺 岐阜

雨も楽しみつつ命の洗濯をしてきました。


2018shutteお先に
ひとやすみ、、、

.

続きを読む

傷をみてホッと

中指に小さな傷が見つかって、良かったと安心したのにはわけがあります。


その三日前から親指の付け根あたりがピリピリ、次の日は人差し指の下がピリピリ。傷をした覚えが無いし傷口もみつから無いのに。

そして次の日は中指がピリピリ。病気の予兆かとか、何か悪い事が起こったのかと心配していたら、

中指に傷が見つかったんです。

今は親指は治って、人差し指のピリピリだけが少し残っていますが、触らなきゃ感じないので気にしないことにします。


心配してストレスをためないほうがいいから。。。。└(^ω^ )┐┌( ^ω^)┘

それにしても最近、自覚の無いままケガしてることが多くなってる気がします。


z27一緒に寝るか
たいてい寝たら治ってるけど



.

また噛んだ


噛み合せのせいか肩こりのせいか、


寝ていてほっぺたを噛んだり下唇の中を噛んだりして、すごく痛い思いをします。



今朝も下唇を噛んで目が覚めました。

鏡で見ると黒く血豆になっていて、痛いやら情けないやら。



唇といえば上と下で色が違うなと思っていましたが、理由がわかりました。

上唇は皮膚からなりたち、下唇は口内の粘膜の延長だそうです。

上下でひとつと思ったら間違いとは興しろい^^

皮膚でも粘膜でもなく、性質は「皮膚と粘膜の間」とか。


なんだか解ったような・・・


でも唇って、
傷ついても比較的早く治る気はしますが。

まだだよ
治ったと思たら、また噛んだよ


..
プロフィール

megu

Author:megu
 
手さぐりで
日常つづり。

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
デフォルトカウンター
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR